妊娠線のできやすい体質

妊娠線ができやすい体質がある?予防はどんなのが良い?

このページでは、妊娠線ができやすい体質について見て行くと同時に
その条件に当てはまる方が妊娠線を予防するために行うべきことをご紹介しています。

 

赤ちゃんを授かって妊娠するとどうしても考えてしまうのが、妊娠線のことではないでしょうか。

 

そんな妊娠線もできやすい体質ってあるのをご存知ですか。

 

もちろんできるリスクは可能性としては誰にもあるのですが、それでも、その中でもこんな方ができやすいっていう情報をしっておけば、
よりしっかりケアしようという意識につながりますし、具体的な対策の方法も自分に合ったものを探す手がかりになると思います。

 

ではどんな体質の方が妊娠線ができやすいのでしょう。

妊娠線のできやすい体質ってどんなの?

妊娠線のできやすい体質を知ることで、今までの出産では大丈夫だったけれど、体質の変化で注意しないといけない場合などにも役に立つんです。

 

妊娠線のできやすい体質や特徴は

  1. 太りやすい傾向にある方
  2. 二人目以降の出産をしようとしている方
  3. 肌質が乾燥肌の方
  4. 骨盤の小さい方
  5. 小柄な方
  6. 双子などの妊娠

このような特徴が挙げられます。

 

太りやすい傾向にある方は、皮下脂肪が多く、皮下脂肪は表面の皮膚と異なり、柔軟さに欠ける傾向があります。

 

また時期においても肌が乾燥しやすいシーズンなどは注意が必要にもなりますよね。

 

妊娠して表面の表皮は伸びていくのに対して、皮下脂肪が伸びにくいと、そこにはギャップができ、妊娠線ができやすくなるんですね。

 

二人目以降の出産というのは、一度出産を経験すると、子宮が広がりやすくなっているので、妊娠線ができるリスクも上がってきます。
このような方を『経産婦』といいます。

 

経産婦というのは出産の経験があるので、前回の妊娠の時に妊娠線が出来なくても、体の様々な皮膚は一度伸びて、産後になって修復待ちの状態にあります。
つまり皮膚は一度伸びている状態を記憶しているともいえるんですね。

 

さらにここから皮膚が乾燥肌の方やリンパの流れが悪い方、皮下脂肪が多い方などもできやすい体質と言えるのです。

 

肌質が乾燥肌だと、肌の亀裂も起こりやすく、乾燥自体が妊娠線の原因にもなっているので注意が必要です。

 

骨盤の小さな方は、お腹で赤ちゃんが成長するにつれて、お腹が前へと出ていきます。そうなると皮膚の伸びも大きくなるのでこれもできやすい体質と言えるんです。

 

双子などの妊娠は単純に一人を出産するよりも負担が大きく、お腹もより大きくなる傾向があるからです。

 

妊娠線ができにくい体質にするには

妊娠線ができにくい体質にするには、まずは妊娠線ができにくい体質の人を知る必要があります。

 

妊娠線のできにくい体質

  • 肌の保水力の高い人
  • 皮膚の柔軟性が高い方
  • 皮下脂肪の少ない人
  • リンパや血行の流れがいい人

この4つの条件が妊娠線ができにくい体質の方の共通の部分です。

 

だからこそ、妊娠線予防クリームは保湿と柔軟性にポイントを置いているものが人気商品となっていますよね。

 

妊娠線のできにくい体質の方の特徴をみていくと、妊娠線のできにくい体質にするためにはのヒントがわかると思います。

妊娠線ができやすい体質の方の予防法

妊娠線には、より出来やすい人とそうでない人がいます。

 

この体質の違いを見てきましたが、
ここまでご覧になって『じゃあわたしはどうすれば良いの!』という疑問を持った方が多いと思います。

 

そこで、妊娠線予防の絶対的な要素として肌の柔軟性をあげることです。

 

そのためのポイントとしては

  • 適度な運動(特にストレッチは効果的)
  • 急激な増加を防ぐ体重管理
  • タンパク質を始めとする栄養補給
  • 肌の柔軟性を上げるマッサージと保湿
  • 身体を冷やさないこと

この5つは特に大切になります。

 

中でも保湿クリームを使ったマッサージと適度な運動、そして身体を冷やさないことが大切です。