アメリカでの妊娠線ケア

アメリカではどんな妊娠線ケア?

アメリカは日本と比べると妊娠線ケアにおいて研究が進んでいる国と言われています。

 

中には、妊娠線ケア商品をアメリカから取り寄せて使ったという方もおられるくらいです。

 

妊娠線というものは、妊娠中期から産後にかけて現れる肉われの線なので、全身しっかりと対策や予防をする必要があるのですが、
通常のボディークリームなどでは保湿はできても、皮膚を柔軟化させるには不足してしまうので、妊娠線ケアが必要になってくるんですね

 

妊娠することでホルモンバランスが乱れ、さらに免疫も低下するので、皮膚がとても敏感になり
乾燥しやすい状態になります。この状態のまま過ごしてしまうと、おなかの中で成長する胎児の影響で
皮膚が伸びていき、修復が間に合わなくなります。

 

予防するには保湿と肌の柔軟性をキープすることが重要になるんですね。
ここで妊娠線ケアの先進国といわれているアメリカのケア事情を見ていこうと思います。

アメリカの妊娠線ケア事情

医療に関しては日本が先進国のようなイメージがあるかもしれませんが
妊娠線予防に関しては世界中でもアメリカが先進国といわれていることをご存知でしょうか。

 

となると、アメリカでは当たり前の妊娠線ケアでも、日本では知られていないこともたくさんあることでしょう。
まずは従来の日本の妊娠線ケアというのは保湿クリームでマッサージをしていきましょう。
というものでした。
これは全く違うということではないのですが、それだと十分ではなく、
アメリカでは妊娠線ができないように
肌のターンオーバーを正常化させて伸びていく皮膚を修復させるために
必要となる栄養成分を十分に与えることが必要だと考えられています。

 

同時に安全性に敏感なアメリカらしく、妊娠中の敏感な肌に必要のない成分は
除去されているオーガニック性も求められている傾向もあります。

 

その中でアメリカの妊娠線ケアで日本でも有名になっているものは、erbaviva(エルバビーバ)というナチュラルスキンケアブランド。
日本国内にはオーガニックという表記に対して、実はあまり規制がなく、ある程度のものでもオーガニック商品とうたっているものがたくさんあるんです。

 

しかし、アメリカではオーガニックの表記をするためには厳しい規制があるため、こだわりのオーガニック商品としても人気があるんです。
ママさんタレントとしても活躍されている小倉優子さんなどが使っていたと彼女の公式ブログなどでも紹介されたことでも知った方は多いことでしょう。

 

妊娠線ケア商品を選ぶポイントとしては、価格と信頼性、効果効能、そして意外に大事なのがにおいですね。
特に妊娠初期のつわりがひどい段階では、味覚も嗅覚も敏感になっています。
炊飯器でご飯を炊くにおいではきそうになるという方も少なくないんですね。

 

妊娠線のケアは妊娠初期からケアする必要があるので、においというのも選ぶ大事なポイントになっているんです。
海外セレブが使っているからと口コミなどでみて、クリームを購入しても実際に自分で使っているとにおいがダメだったという方も
おられるので注意が要るんです。