妊娠線予防クリーム

妊娠線予防を本気でやる方は温泉旅行も安心

妊娠線予防クリーム

妊娠線予防クリームは、妊娠中、または妊娠する前から気にする女性が多い妊娠線対策クリームです。

 

ある調査では妊娠線予防のケアをしている方が80%以上というデータもあります。

 

ほとんどの方が妊娠中期(5〜7か月くらい)からケアを始めているようですが、中には妊娠初期から妊娠線ができ始めた方もおられるようです。
妊娠中から産後までしっかりとケアしておきたいマタニティーマーク。

 

このサイトでは、そんな妊娠中の妊婦さんの悩みの一つである妊娠線の対策に効果があると言われる、妊娠線予防クリームを特集しています。

 

通常妊娠すると、お腹は大きくなり、体重は増える傾向にあります。一般的には妊娠すると、妊娠前よりも体重が10キロ増えると言われています。
しかし、妊娠線ができてもいいと思っている方はおられません。

 

ドラッグストアやマタニティーショップなどでも、妊娠線対策の商品は売られているのですが、ここでは店舗での手軽な妊娠線ケア商品ではなく、
しっかりと効果のある良い商品の選び方まで特集しています。
コスパがいいだけではなく、しっかりと効果のある成分が配合されているのか、保湿力はしっかりしているのか、使い心地はいいのかしっかり見ていきましょう。

 

できる前の妊娠線予防、できてしまった後の妊娠線対策を本気で考えている方だけに、本当の効果のある商品や情報をお届けします!

 

人気妊娠線予防クリームランキング

 

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームの特徴

人気ランキング1位は、ベルタ妊娠線クリームからバージョンアップを果たしたベルタマザークリーム。ベルタブランドから、妊娠中の妊婦さんの肌トラブルの代表的な悩みである妊娠線について 本気で考え抜かれた、管理人である私もおすすめしたいベルタ妊娠線クリーム。 シラノール誘導体、葉酸、従来の妊娠線予防クリームになかった注目成分も、サポート体制も人気があるのが納得の妊娠中の妊婦さんに おすすめの一品なんです。 また産後にも使えるようにパワーアップもしました!

価格 通常6980⇒初回限定500円
評価 評価5
備考 初回限定キャンペーンがすごくお得!
ベルタマザークリームの総評

よりオーガニックになって、安心感もアップ、においも無香料だし以前のベルタ妊娠線クリームよりも、妊婦さんの使い心地を重視してパワーアップしたうれしい商品です♪

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

AFCストレッチマーククリームの特徴

AFCストレッチマーククリームは、妊婦さん100人の声をもとに開発された妊娠線クリームです。 特に、細胞増殖の働きがある葉酸配合による『皮膚の再生効果』は人気の理由。 完全無添加で製薬メーカーと共同開発で、葉酸を高配合しているのにこの値段は驚きのコスパと言えます。 香りはネロリ(柑橘系のさわやかな香り)も使い心地が良いと評判です。

価格 2,800円
評価 評価4.5
備考 内容量120g
AFCストレッチマーククリームの総評

3g入りの無料サンプル(約2回分)も申し込みできるので、一度お試しされてみてはいかがでしょうか♪

ノコアアフターボディトリートメントクリーム

ノコア アフターボディトリートメントクリームの特徴

NOCOR(ノコア)ボディクリームは、成分配合と完全無添加の安心感、内容量150gのたっぷり感が好評です。 特徴としては、できてしまった妊娠線のアフターケア専門のクリームで、オイルとセットでのライン使いが効果が高いと評判になっています。 また、たまひよやSAITA(サイタ)などでも特集が組まれているほどの実力派クリームです。

価格 通常6,980円
評価 評価4
備考 オイルとセット購入、まとめ買いなどの割引あり
ノコア アフターボディトリートメントクリームの総評

日本で唯一新型ビタミンC誘導体であるファンコスCーISを配合。 国内生産の妊娠線予防クリームだから安全性もしっかりと確保。 香りはネロリ(柑橘系:ビターオレンジ)でつわりの最中でも使えると評判です。

赤ちゃん訴求LP

妊娠線予防クリーム

フォーファム・ボディクリームの特徴

フォーファム・ボディクリームは、タレントで元プロゴルファーでもある東尾理子さんが実際に使用しています。 また、ボディミルクとボディローションの2タイプがあり、 ボディミルクは、牛乳や大豆などの原材料を使用しており、もっちりとした保湿力が特長ボディローションは、牛乳や大豆などを使っておらず、 アレルギーが心配な方が安心して使える成分配合になっています。

価格 2,900円
評価 評価4.5
備考 ミルク&ローションのセットで割引適用
フォーファム・ボディクリームの総評

フォーファム・ボディクリームのおすすめの点は、内容量と値段のコスパが一番すぐれているところ。 2,900円で内容量300g入りというのは、 乾燥肌で全身使いたい!産後の赤ちゃんにも使いたい!という方におすすめです♪ また、日本とアメリカの国内通販市場で評価の高さで売れ筋ランキングTOPの実力を持っています。

ママケアクリームの特徴

ママケアクリームは、葉酸配合であると同時にオーガニックな原料のみを使用した妊娠線ケアクリーム。 EGF・FGFという繊維芽細胞に働きかける肌の柔軟性UPの力が特徴的なクリームで、 まだ発売されて日が浅いため、口コミ件数などは少ないのですが、 120gの内容量と定期購入で2回目以降10%割引は、まずまずのコスパと言えます。

価格 5,500円
評価 評価4
備考 定期購入初回540円
ママケアクリームの総評

パラベン、エタノール、界面活性剤、鉱物油、人工香料、着色料、防腐剤、シリコン、紫外線吸収剤という9原料の無添加をうたっており、 人工原料完全無添加というオーガニックで安心感が高い評価の理由です。 無香料で、若干油系のにおいが気になると言った声もあり、ランキング5位にしているのは、この点でマイナス点となっています。

 

妊娠線はいつから対策するの?

妊娠線ケアは、早ければ早いほどいいと言われているのですが、なかなか自分の中でどうやって対策するのかとか、
どの商品を選べばいいのかとか迷ってしまいます。
また、妊娠発覚によっていろいろと準備するものがたくさんありますよね。そんなこんなで妊娠初期というのは時間があっという間に流れてしまいます。
だからといって、妊娠線予防はしなければならない・・・どうしよう・・となってしまいます。

 

そこで私がおすすめしたいのは、妊娠中期から妊娠線予防のケアをしませんかという提案です。

 

妊娠中期というのは、初期のつわりも落ち着き始め、妊娠5か月目あたりから、お腹の皮膚も赤ちゃんの成長に従い伸びはじめるんです。
そして、ホルモンの影響でおっぱいも徐々にはってきて、サイズアップし始めるのがこの妊娠中期という時期。
お腹周り、おっぱい周辺、腕、太もも、対策するにはこの時期には始めたいところです。

 

妊娠線ケアにクリーム、オイル、ローション?

妊娠線ケアには様々な方法があります。
主なものでも、クリーム、オイル、ローション3種類の方法が存在して、それぞれにメリット、デメリットがあるんですね。

 

妊娠線予防クリーム

現在の日本ではほとんどの方がメインとして使っているのが妊娠線予防クリームです。
クリームはオイルやローションのように、保湿や肌の弾力、水分蒸発を防ぐといった一点突破の効果ではなく
全体的にオールマイティーな効果を持つため、まずはこのクリームが一番というわたしもおすすめの商品になります。

 

 

妊娠線予防オイル

妊娠線に大敵の乾燥を防ぐために、肌の水分の蒸発を防ぐオイルになります。
オイルは肌の保湿力をキープさせる目的があり、体中に使うことになるので比較的にさらっとしたオイルが好まれる傾向があります。

 

 

妊娠線予防ローション

妊娠線ケアには保湿が重要だと、ケア用のローション(保湿液)として使われている商品になります。
他のケア用品に比べると、保湿に関しては抜群にいいと言われていて、顔のスキンケアと同様に
たっぷりと使う使い方をメインにしています。

 

またこれら3種類のケア用品にはそれぞれに香りがあるものが多いので、匂いという部分も選ぶポイントになっていきます。
妊娠線はお腹周りだけではなく、全身の様々な箇所に現れるので、次の項目ではそのあたりもみていきましょう。

 

 

 

妊娠線はお腹だけではない!

妊娠線はお腹周りだけではなく、太もも、胸、お尻、ふくらはぎなど様々な場所にできます。
一度できてしまった妊娠線は消すことが難しく、エステやサロンでのケアとなると多大なコストがかかります。
また産後のお肉は硬くなりやすく、体重も簡単に落とせると想像していませんか?

 

妊娠時の肌トラブルはお腹以外にもさまざまなところに起こるものなんですね。
だからこそ、あのときしっかり対策や対処をしておけばよかったとならないように、ちゃんと効果のあるクリーム選びを
みなさまにお届けします。

 

妊娠線予防クリームはそんな、妊娠中の妊婦さんの悩みになる妊娠線のケアとしてぜひ使っていただきたいアイテムなんですね。

 

私も2回の妊娠を経験しており、特に2度目の妊娠時に、お腹の肌のかゆみから、あやうくっきりの妊娠線を作りかけました。
前もっての準備なく、妊娠線のできる前兆と言われる肌のかゆみを体感した後、どの商品が妊娠線対策になるのか
調べて購入したので、到着まで時間を考えると、できていてもしょうがなかったと思います。

 

妊娠初期から、しっかり妊娠線のためのアイテムはどれがおすすめで、どれがちゃんと効果があって自分の肌にあうのかを
把握して購入するのが一番だと感じました。

 

 

そんな私のようにならないように、妊娠線予防クリームはどれがいいのかをずばっとしっかり検証して
みなさんにためになる情報をお届けしたいと思います。

 

妊娠線の対策には、クリーム以外にもオイルやローション、中には妊娠線専用ではなく、通常のボディークリームなどでのケアもしている方もおられるそうです。
妊娠時の肌トラブルというのは、通常時のものとは特性が異なり、それとともに妊娠線専用の商品とうたいながらも効果のないようなものもあるようです。

 

なぜこれらのように、妊娠線の対策として様々な商品があるのに、妊娠線予防クリームがおすすめなのかということも
サイト内で語っていますので、一緒に妊娠中の妊娠線ケアしていきましょう。

 

失敗すると一生の悩みになりかねない妊娠線は、少しお値段が高くても効果のある無添加で安心して使える専用クリームが圧倒的におすすめなんです。

 

妊娠線や肉われというのは、正しいスキンケアで予防することができます。ただし、一時しのぎのスキンケアでは後々後悔してしまうので、
皮膚の構造やそれの対策をしっかり行うことが大事になるんですね。

 

だからこそ商品選びのポイントはしっかりとしておきたいところです。
大事になるのは保湿力、持続時間、においである香り、そして使い心地です。

 

妊娠線予防のケア方法は、様々なサイトでおすすめランキングや
定番ランキングなど掲載されているのですが、大事なのは自分の肌質をまず最初に知るということです。

 

お尻や下腹部、腕、太ももなど様々な場所に妊娠線予防クリームは使うことになるので
自分の肌質が乾燥肌なのか脂質肌なのか、敏感肌なのかをしって、そのうえでいいケア用品を選んだほうがいいと思います。

 

肌へのべとつく感じや、服を着てからこのクリームはダメだとか、購入後に損をしたと思わないようにしなければならないんです。

 

妊娠線予防は芸能人の方や有名モデルさんはどういった選び方をしているのかを
雑誌などでも特集されているので、そういったものを参考にしてもいいと思います。

 

ママさんタレントの方々も妊娠線を作らないように、いい商品選びをされているので
そういった方々がどんなケア商品を使っているのかを見る際には、
注意しなければならない点が一つだけあります。

 

それはテレビや雑誌などのメディアでいろいろなアピールをするのが仕事なので
私たちと違って毎日のように全身のケアをされているので、すでに全身の皮膚が柔らかい状態になっているという
ことを知っていないと、同じことをしてさえいれば、妊娠線ができるということはないという考えは注意しなければなりませんよね。

 

 

妊娠線予防には様々な対策があります。その中でも有効だと言われている予防クリーム。
多くのメーカー商品があるなかでどれを選べばいいのかや、妊娠線自体のメカニズムなど確認しておきましょう。

更新履歴