妊娠線の原因

妊娠線の原因を知って予防と対策に役立てよう!

妊娠線はなんとしてでも予防したいと思いますよね。
そのためには、妊娠線ができてしまう原因も知識として知っておくことが大切です。
妊娠線の原因は、大きく分けて3つあります。

  • 安定期から後期にかけてお腹が大きくなる
  • 妊娠中のホルモンバランスの変化で肌が乾燥する
  • 体重や腹囲などの変化が短期間で急激に起こる

このような要因が妊娠線ができる原因と言われています。

 

この3つの原因の中で自分自身でなんとかなったり、ケアできるのが

  • 肌の乾燥をできるだけ防ぐこと
  • 急激な体重増加や腹囲のサイズアップを防ぐ

ということになります。

 

もともと妊娠中は妊婦健診で体重増加は注意されますし、
そのための栄養管理とカロリー制限はされている方が多いのが現実です。

 

なので、1ヵ月で急激に○kgも太ってしまうということも起こさないようにされていると思います。

 

なので、肌を保湿してあげるクリームやオイルでの対策。
そして、肌を内側からスキンケアしてあげるようなヒアルロン酸やコラーゲンドリンクやサプリなどを活かして行くことが大切になるんですね。

妊娠線を防ぐ方法みんなはどうしてる?

妊娠線って、女性ならどうしても避けたいものです。

 

そんな妊娠線の原因は、赤ちゃんがお腹の中ですくすく育ってくることによることによる妊婦さんの急激な体重増加の肌の伸縮と肌の乾燥だと言われています。

 

妊娠すると、子宮が徐々に膨らんでいって、小さな胎児はどんどん成長していきますよね。

 

臨月くらいになってくると、お腹の大きさはとても目立ってきて服の中に何かを入れているのかというくらいの大きさになります。

 

最近ではタレントさんやモデルさんで、マタニティーヌードを披露している方もおられますが、
一時的とはいえ、そのくらいお腹の皮膚は伸びていくのです。

 

そうなってくると、皮膚は伸びていき、そこに肌の乾燥している状態が重なると、妊娠線はできるリスクや確率が一気に増えていくんです。

 

そうならないためのポイントは・・・

  • 肌の保湿をこまめに行う
  • 肌代謝を良くするための栄養補給
  • 太り過ぎないための体重管理

妊娠すると、妊娠する前に比べて女性ホルモンの変化や、通常時の新陳代謝と異なり、
それらがお肌のかゆみや乾燥を引き起こす原因となっていきます。

 

お腹が大きくなるのは、赤ちゃんの成長なのでどうしようもないのですが、
女性ホルモンの影響でのお肌の乾燥状態はしっかりとケアできます。

 

通常時には肌の下でしっかり作られるコラーゲンなども、生成が抑制されたり、
お肌のターンオーバーを乱したり、想像もできないような状態になっていくのが妊娠中でもあるんです。

 

妊娠線を作らないためにも、体重の増加をある程度しっかりコントロールして、肌環境もしっかりスキンケアしていく必要があるんです。

 

お腹の中の赤ちゃんが大きくなってきて自然とお腹が大きくなったり、体に脂肪がついていくのはいいのですが、
それが太りすぎの状態にまでいってしまっては出産にも悪影響を与えてしまいます。

 

つまり、安産のためにも太りすぎはデメリットのほうが大きくなってしまうんです。

 

このくらいいいかという考えではなく、妊娠線の予防のためにも、きれいなボディを維持して後悔のない出産後を目指していきましょうね。

 

また妊娠線は、妊娠している妊婦さんという特殊な環境下で起こる肌の悩みなのですが、妊娠線と肉われは同じ原理でできることから
女性だけではなく、男性、そして子供にも起こり得ることがあるんです。

 

妊娠中の免疫低下も妊娠線と関係が!

妊娠中は免疫機能が低下するというのはご存じですか?

 

妊娠するとおなかの中では胎児が成長するのですが、
ママの体ではその胎児を異物と判断しないように免疫機能を低下させます。

 

この状態になることを妊娠中の免疫寛容(めんえきかんよう)と言います。

 

外部からやってくるウイルスや病原菌、雑菌などと闘って退治してくれるのが免疫ですよね。
その免疫が、闘わなければならない
これらのリスクに対して寛容(かんよう)になってしまうことから免疫寛容と呼ばれています。

 

通常免疫というのは、体に入ってきた異物(ウイルスや細菌など)から守るために攻撃するものです。

 

女性の場合通常時におなかの中の胎児はいない状態なので、
免疫機能がそのままだと胎児を異物とみなして攻撃する可能性があるんですね。

 

なので、赤ちゃんのために女性の体は妊娠すると免疫機能を低下させるんです。

 

そのため、妊娠中は風邪をひきやすいとか、
インフルエンザに注意しなくてはならないといったような注意すべきポイントがあります。

 

一見すると、妊娠線とは関係なく思えるここまでの妊娠中の免疫の話ですが、
免疫は妊娠中に限らず、肌の調子を一定に保って行くための自律神経なども関係しています。

 

この免疫が低下することでコラーゲンの生成も少なくなるんです。

 

皮膚が伸びて亀裂が入ってしまうためにできてしまう妊娠線は、その亀裂をコラーゲンなどで修復させないといけません。

 

そういった修復のためのコラーゲン精製能力も一緒になって低下することで妊娠線は修復されずに定着してしまうんです。

 

なので妊娠線予防クリームは、コラーゲンが有効だといわれている理由にもなるんですね。