子供に妊娠線ってできるの?

子供に妊娠線?肉割れは消すことができる!

妊娠線のできるメカニズムというのは、妊娠することによってお腹やうで、太ももなど様々な皮膚が急激に伸びて、
さらに皮膚が乾燥したりすることで、亀裂となって表れて、その状態が修復せずに筋状に残るものを、妊娠線と言います。

 

この妊娠線は、お腹の中に赤ちゃんが成長するという状態だからできるものだと思っていませんか?
実は妊娠していなくてもできるんですよ!

 

イメージしてもらえばわかるかと思いますが、メカニズムを考えると、急激に太ったり、急激なダイエットに成功すると、
同じように肌は伸縮して、そこにお肌の乾燥状態があれば妊娠線のような筋ができる可能性が出てくるんです。
これは妊娠線という名称ではなく、肉割れといわれているのですが、実は同じようなものでもあるんです。

 

では子供にはどうなんでしょうか。
子供は急激な太りや痩せなどはないように思うかもしれませんが、成長期の子供は身長も一気に伸びたりします。

 

この成長期は時期が個人差があるのですが、男女ともに訪れることなので、実は誰もに肉われが起こり得る可能性があるんです。
つまり子供も十分に妊娠線ができる可能性があると言えるんです。

 

実際に、わたしの友達の子どもが1年間で12cmも背が伸びて、
成長痛と成長線(これが先ほどの妊娠線のような肉割れです)
成長期に背が伸びるのは、当然ですけど個人差がある部分に対応して、ちゃんとスキンケアをしてあげないとですよね。

 

この時期にできた肉割れの成長線は、子供が学校の体育の時間で着替えている時にいやな思いをするかも知れませんから。

 

その一方で、子供はお肌の代謝もいいので、肌のターンオーバーも活性化しているんです。
肉割れや妊娠線ができたとしても、その状態を修復する働きもあるので、なかなか子供のころに肉割れが定着してしまったというのは
多くはありません。

 

肉われは妊娠線と同じように、なにもお腹周りにできるだけではなく、いろいろな場所にできます。
自分の目では確認しにくいような場所にもできるので、わかっていないだけで実はお尻や太ももにできているという事もあるんです。

 

子供の妊娠線や肉われにも、大人と同じように重要になるのが保湿です。
子供の肌は大人と比べると、やわらかいので、お肌の柔軟化はあまり考えなくても大丈夫だと思います。

 

保湿だけ考えると対策としては十分だと思いますよ。

 

一見するとセルライトだから時間がたてば消えると思っていても、成長段階でより目立ってくるということも考えられるので、
肉割れケアというのも考えるといいと思います。

 

よくほかのサイトなどでは、子供だから妊娠線や肉割れは気にしなくていいというような
表現をされているところもあると思います。保湿は必要だけれどあまり考えなくていいよなどの
記事が多いように感じます。

 

しかし、子供でも見た目などは大人が考えている以上に気にするんです!!
特に思春期に入る女の子など、本当に見た目にすごいコンプレックスを持ちやすい時期でもあるんです!

 

親御さんがこの記事を読んでいただいている場合は、お子さんの気持ちを十分に知ってあげてください!!

 

大人よりも皮膚が柔らかいからこそ、妊娠線や肉割れは予防や対処がしやすいといえるんです♪

 

 

 

ただし、効果があるといわれている肉割れのケア商品は基本通販専用なので子供では購入することが難しいと思います。
親御さんとしっかりと相談して手にするようにしましょうね。